使い方いろいろ、レンタルスペースを活用しよう

レンタルスペースはなんでもスペース

レンタルスペースの中でも、その用途に大きな違いがあるのは、「レンタル収納スペース」としての利用方法です。 これは、物品の保管・収納に特化した場所貸しサービスです。 そのため、料金体系やスペースの仕様などあらゆる点で、他のレンタルスペースとは異なります。

レンタル収納スペース、どこを借りる?どう決める?

レンタル収納ペースを借りることが決まったら、具体的に何を保管して、どのような状態で保管するか、予算はいくらか、そんな条件をすべて考慮に入れて、通いやすい場所を決めましょう。 でも、それだけでは不十分。 レンタル収納スペース契約時に必要な初期費用や補償、月額料金などについても、必ず比較検討します。

荷物を保管してスッキリ生活を送ろう!

レンタル収納スペースの選び方・借り方はわかったけれど、そもそもお金を払ってまで借りる意味があるの? 雑然として手の施しようがない家の中をスッキリさせれば、もっと快適に過ごせるのは間違いなし! お金を払ってまで借りるのですから、無駄なく、徹底的に活用したいものです。

レンタル収納スペースは自宅外の収納場所

レンタルスペースという言葉から何をイメージしますか?
多くの人は貸会議室やパーティー会場としての利用方法を思い浮かべるのではないでしょうか。
実際に利用した人もいるかもしれませんね。

でも、最近では従来のような利用方法にとどまらない新しい使い方がどんどん増えているのをご存知ですか?

まず、レンタルスペースとはどんなスペースなのか、基本的なことについてまとめておきましょう。
レンタルスペースとは文字通り貸しスペースのことです。
貸主が管理運営する空きスペースを、一般の人向けに、1時間単位または半日・1日単位の料金設定で貸し出します。
貸主が想定する用途に見合った立地や広さで、様々なタイプのレンタルスペースが設置されており、そのようなスペースを借りる人の裁量で自由自在に使うことができるのが特徴です。

次に、様々なレンタルスペースの使用例を挙げてみましょう。
・主要ターミナル駅周辺ビルのフロアの一角→会議室やミーティングルーム
・かつてレストランだった場所→大人数向けのパーティー会場
・デザイナーズマンションの1室をリノベーションした部屋→少人数向けのパーティー会場
・住宅街のマンションの1Fをリノベーションした部屋→料理教室やミニ演奏会
・複合ビルの地下や1Fをリノベーションした部屋→ヨガ・リハーサル室
・屋外コンテナやマンションの一部をリフォームして間仕切りを設けたスペース→物品の収納や保管専用スペース

注目したいのは、最後に挙げた物品の収納や保管専用スペースです。
他とは一線を画したこちらのスペースを、本サイトでは「レンタル収納スペース」と呼んでおきましょう。
皆さんの生活にあまり馴染みのないこのレンタル収納スペースの徹底活用術を、これからご紹介しますね。